弁護士が教える交通事故示談交渉テクニック

過失割合

過失割合に納得がいかない物損交通事故を弁護士に相談してみた

投稿日:2017年8月18日 更新日:

昨日、交通事故に遭いました。こちらとしては過失がない事故だったと思うのですが、どうしても動いていた車両同士の交差点での事故ということで少し過失割合がついてしまいそうです。

たぶん交通事故に遭った方のほとんどが同じような心境になると思います。いきなり保険屋から電話が来て、「過失割合の交渉がうまく進まなければ裁判になります」とか言われても困ってしまいますよねw

というわけで、今回は交通事故の過失割合についてを弁護士に相談してみましたので、その時のことを時系列で残していきたいと思います。

交通事故の状況

まずは、交通事故の状況から。

  • 信号のない交差点
  • こちらが優先道路(と思っていたが道路交通法ではセンターラインがない道路は優先道路ではないとのこと)
  • 自分が直進
  • 相手がバイクで右から左に横断
  • 相手は一時停止無視で余所見運転
  • 出会いがしらに車の後部ドアに衝突

こんな状況です。新聞屋さんの原付で、恐らく家を探していた様子でこちらを見る様子はまったくないまま一時停止をせずに交差点内に侵入。そのまま余所見をして、気が付いたら車にぶつかっていたような形です。

画像が現場の交差点で、画像の左から車で進んできて、バイクは手前の一時停止を無視して衝突。

事故現場

車の損傷がこんな感じです。

では、次は保険会社とのやり取りに入ります。

SONY損保との事故後最初のやり取り

まず、事故の当日に相手の保険会社であるあいおいニッセイ同和損保から電話がありました。電話では事故状況を簡単に説明し、あとはこちらの保険会社とやり取りをすることになるからそちらも任意保険の会社に電話をしてくれと。

翌日、こちらの保険会社であるSONY損保(ソニー損保)に電話をします。正直10対0のようになるとは思っていなかったのですが、相手の車両修理代を持ったり、こちらの手出しがあるような状況は納得がいかないという事を伝えると、「保険会社が過失割合の交渉をすると弁護士法の違反により非弁行為になってしまうので、必要があれば弁護士など立てて裁判をしてください」と。

おぉ、いきなりすごいなwと思いつつ、「相手も昨日の時点では平謝りで非を認めていたのでとりあえず全額賠償の意思があるのかだけ聞いて下さい~」と話を進めました。

The following two tabs change content below.
福谷陽子

福谷陽子

京都大学在学中に司法試験に合格し、多重債務(債務整理)、離婚問題や交通事故、相続などの案件を担当し、自身で弁護士事務所を運営。その後体調不良により弁護士事務所を一時閉鎖し、現在は10年間の弁護士経験を元に執筆に専念。

慰謝料の増額が可能か無料診断

慰謝料の増額が可能か無料診断できます

現在交渉中、これから交渉する慰謝料が増額できるかどうかを無料診断しています。

また、ほとんどのケースで「弁護士特約」という保険が適用されますので、実際に弁護士を利用することになっても持ち出すお金はかからず、受け取る金額だけが増額されます。

まずは無料診断だけでも問い合わせしてみることをおすすめします。

交通事故トラブルに注力している弁護士事務所一覧(PR)

弁護士法人・響

  • 交通事故トラブルに強い関心を持っている
  • 24時間フリーダイアルで相談可能
  • 適正な賠償金かどうかを無料診断
  • 女性弁護士も在籍しており女性でも相談しやすい
  • 他の士業との強力なネットワーク
  • 即日対応可能
  • 全国展開

0120-540-053
【24時間無料受付中】

弁護士法人天音総合法律事務所

  • 交通事故示談の実績が豊富
  • 相談は何度でも無料
  • 24時間全国対応
  • 弁護士費用は後払い

0120-553-025
【24時間無料受付中】

弁護士法人ステラ

  • 後遺障害の認定実績が豊富
  • 後払い、弁護士特約対応
  • 相談料無料
  • 24時間365日対応

0120-544-030
【24時間無料受付中】

-過失割合

【無料】交通事故の相談はこちら【弁護士法人響】

Copyright© 交通事故示談交渉の森 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.