過失割合

衝突事故の過失割合、慰謝料相場はいくら?ケース別に専門家が解説

投稿日:2021年3月23日 更新日:

ウサギ
衝突事故に遭ってしまったんだけれど、過失割合によって、慰謝料が変わるって聞いたんだ。
過失割合って何?
シカ
過失割合とは、その事故による双方の責任がどの位あるのかを数値にしたものだよ。
過失割合が高くなると、受け取れる賠償金が少なくなってしまうんだ。
今回の記事では、交通事故による過失割合の決め方や、受け取れる慰謝料について、詳しく見ていこう。

交通事故で相手の車両と衝突してしまったら、示談交渉の際に「過失割合」について争いが生じるケースが少なくありません

交通事故の過失割合は、事故の状況によって基準値が定められています。

今回は衝突事故のパターン別の過失割合や慰謝料相場について解説しますので、交通事故に遭われて示談交渉を進めている方、過失割合について納得できない方はぜひ参考にしてみてください。

過失割合が高くなると賠償金が減額される!

交通事故の示談交渉では、お互いの「過失割合」が非常に重要です。

過失割合とは、事故当事者それぞれの損害発生に対する責任。

たとえばほとんどが加害者の過失による事故でも被害者に1割の責任がある場合「被害者:加害者=10%:90%」となります。

被害者の過失割合が高くなると、「過失相殺」が行われて相手に請求できる賠償金が減額されてしまいます。

被害者に過失がある以上、損害については被害者も分担すべきと考えられるからです。

たとえば発生した損害額が500万円でも、被害者に過失割合が10%認められると支払ってもらえる金額は10%減の450万円。

被害者の過失割合が20%なら賠償金額は400万円になります。

交通事故の示談交渉では、できるだけ自分の過失割合を低くできた方が有利になるといえるでしょう。

衝突事故の過失割合

ウサギ
過失割合はどうやって決まるの?
シカ
過去の判例を元にして決められる事になるんだ。
交通事故には色々なパターンがあるよね、そのパターン毎に過失割合が基準値として定められているんだよ。
一般的な事故では過失割合はどのような基準となっているのか、チェックしてみよう。

交通事故の過失割合には、事故の状況ごとの基準があります。

この基準は、過去の裁判例の蓄積によって作られた法的な基準で、裁判所が採用している適正なもの。

示談交渉の際にも基本的にこちらの法的な基準を適用すべきといえます。

以下でよくある衝突事故の類型ごとに過失割合の基準値をご紹介します。

信号機のある交差点での直進車同士の衝突事故

信号機のある交差点では、信号機による指示に従っていたかどうかでお互いの過失割合が変わります。

赤信号はもちろんのこと黄信号の場合も一種の信号無視。

道路交通法上、黄信号なら基本的には交差点に進入すべきでないとされているので、黄信号で交差点に進入した場合にも過失割合が認められます。

信号機の色別の具体的な過失割合は以下の通りです。

  • 青信号車:赤信号車=0%:100
  • 黄信号車:赤信号車=20%:100
  • 赤信号車:赤信号車=50%:50

信号機のない交差点での直進車同士の衝突事故

信号機のない交差点で衝突事故が起こった場合、基本的に「左方車」の過失割合が低くなります。

道路交通法上、左方車が優先するルールとなっているためです。

またそれぞれが「減速」したかどうかによっても過失割合が変わります。

以下でケースごとの過失割合をみてみましょう。

  • 同程度の速度…左方車:右方車=40%:60
  • 右方車のみ減速、左方車減速せず…左方車:右方車=60%:40
  • 左方車のみ減速、右方車減速せず…左方車:右方者=20%:80

一方の道幅が明らかに広いケース

一方の道路が明らかに広ければ、広路車が優先されます。

この場合にもそれぞれが「減速」したかどうかによって過失割合が変わります。

  • 同程度の速度…広路車:狭路車=30%:70
  • 広路車減速せず、狭路車のみ減速…広路車:狭路車=40%:60
  • 狭路車減速せず、広路車のみ減速…広路車:狭路車=20%:80

一方が優先道路のケース

一方が優先道路の場合、優先道路車の過失割合が下がります。

  • 優先道路車:非優先道路車=10%:90

信号機のある交差点で右折車と直進車との接触事故

信号機のある交差点で直進車と対抗側から走行してきて右折した車両が衝突した場合の過失割合は以下の通りです。

直進車の信号機の色

右折車の信号機の色

直進車の過失割合

右折車の過失割合

20%

80%

青信号で進入し、黄信号に変わって右折

70%

30%

40%

60%

50%

50%

青信号で進入し、赤信号に変わって右折

90%

10%

黄信号で進入し、赤信号に変わって右折

70%

30%

 

信号機のない交差点で直進車と右折車の衝突事故

信号機のない交差点の場合、直進車が優先されて右折車の過失割合が上がります。

  • 直進車:右折車=20%:80

センターラインを超えた車との接触事故

車両の一方がセンターラインを超えたため正面衝突した場合、センターラインを超えた車の一方的な過失となります。

  • センターラインを超えた車:衝突された車=100%:0

 ただし衝突された車が速度違反をしていた場合などには、衝突された側にも一定の過失割合が認められる可能性があります。

後方から追突した場合

後方から追突された場合、追突車両の一方的な過失となります。

  • 追突車両:被追突車両=100%:0

ただし前方車両が急ブレーキを踏んだために追突事故が発生した場合には、前方車両にも30%程度の過失割合が認められます。

また前方車両が幹線道路上で駐停車していた場合やブレーキランプが故障していたなど一定の事情があれば、被追突車両の過失割合がさらに上る可能性もあります。

過失割合の修正要素とは

ウサギ
過失割合の修正要素って何?
シカ
過失割合の一般的な基準から、事故が起こった場所や時間帯、速度や重過失などの事情を考慮した上で過失割合を修正するんだ。

上記でご紹介した過失割合の基準は「基本の過失割合」であり、実際にはさまざまな個別事情によって修正される可能性があります。

このように過失割合を修正する事情を「修正要素」といいます。

代表的な修正要素をみてみましょう。

事故が起こった場所

事故が起こった場所により、過失割合が変わる可能性があります。

  • 住宅地や商店街
    住宅地や商店街では歩行者や自転車が多く、急ブレーキを踏まねばならない状況が発生しがちです。
    そこで住宅地や商店街で前方車両が急ブレーキを踏んで後方車両が追突してしまった場合、前方車両の過失割合が10%程度下がります。
  • 幹線道路
    幹線道路で駐停車すると危険です。
    追突事故であっても前方車両が幹線道路上で駐停車していたら前方車両の過失割合が10%程度加算されます。
  • 見通しが良いかどうか
    信号機のない交差点で衝突事故が起こった場合、交差点の「見通しの良さ」によって過失割合が修正される可能性があります。
    見通しのきく交差点であれば、右方車が左方車を認識しやすいと考えられるので、右方車の過失割合が上がるケースがあります。

事故が起こった時間

事故が起こった時間帯が「夜間」の場合、ランプによって他車両の存在を認識しやすくなるでしょう。

信号機のない交差点で衝突事故が起こったとき、夜間であれば右方車は左方車の存在を認識しやすく事故を避けるのが容易になり、右方車の過失割合が加算されます。

徐行、減速の有無

交差点上で衝突事故が起こったとき、当事者それぞれが徐行や減速をしていたかどうかによって過失割合が変化します。

当然徐行や減速をしていたら過失割合が下がり、していなければ過失割合が上がります。

著しい過失

著しい過失とは、通常想定されるよりも大きな過失です。

たとえば時速15キロメートル以上の速度違反、酒気帯び運転、スマホやカーナビ、テレビなどを見ながらの運転、著しい前方不注視などがあると過失割合が加算されます。

重過失

故意とも同視できるような重大な過失です。

30キロメートル以上の速度違反、酒酔い運転、無免許運転、居眠り運転などが該当し、著しい過失よりも大きく過失割合を加算されます。

衝突事故で支払われる慰謝料の相場は?

ウサギ
衝突事故ではどんな慰謝料が受け取れるの?
シカ
慰謝料には、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料があるよ。
慰謝料の他にも、治療費や介護費用、休業損害なども請求可能だよ。

衝突事故でケガをしたら、加害者や加害者の保険会社へ慰謝料や治療費などの賠償金を請求できます。

慰謝料には以下の種類があります。

  • 入通院慰謝料
    ケガによって入通院治療を受けた期間に応じて支払われる慰謝料。
    入通院期間が長くなればなるほど金額が増額されます。
    たとえばむちうちで3ヶ月程度通院したら53万円程度、半年通院したら89万円程度が相場です。
    骨折で1ヶ月入院して半年通院すると、149万円程度の入通院慰謝料を請求できます。
  • 後遺障害慰謝料
    衝突事故で受けたケガが完治せずに後遺障害が残ってしまった場合に払われる慰謝料。

    自賠責で「後遺障害認定」を受けられた場合にも支払いを受けられます。
    金額は後遺障害の内容や程度によって変わります。
    むちうちの場合、14級が認定されると110万円程度、12級が認定されると290万円程度が相場です。
  • 死亡慰謝料
    事故で亡くなってしまった場合に、遺族が受け取れる慰謝料。

    一家の大黒柱がなくなった場合には2800万円程度、被害者が母親や配偶者の場合には2500万円程度が相場です。

慰謝料以外の賠償金について

衝突事故の被害に遭った場合、発生する損害は精神的苦痛だけではありません。

治療費や休業損害、雑費や器具装具の費用、ときには介護費用なども発生するでしょう。

以下のような損害についてもすべて、加害者側へ請求できます。

  • 治療関係費
  • 看護費用
  • 雑費
  • 器具装具の費用
  • 介護費用
  • 休業損害
  • 逸失利益
  • 慰謝料

なお過失相殺は上記の損害額の「合計」に対して適用されます。

たとえば上記の合計額が2000万円の場合、被害者の過失割合が20%なら支払ってもらえる金額は1600万円に。

過失割合が高くなると、慰謝料だけではなく全体的な賠償金額が減額されてしまうので、衝突事故の被害者にとって非常に重要です。

過失割合に納得できない場合の対処方法

ウサギ
過失割合に納得できない場合にはどうしたら良いのかな?
シカ
判例タイムズを参考に、過去の事故における過失割合を調べるという方法があるけれど、弁護士に依頼する事で、簡単に過失割合が妥当かどうかを調べてもらうことが可能だよ。

保険会社から提示された過失割合に納得できないなら、妥協して示談に応じる必要はありません。

まずは相手の提示する過失割合が適正な値となっているか、確認しましょう。

自分で調べるには「判例タイムズ」という法律雑誌を購入し、事故の状況に合ったパターンを探す方法が王道です。

ただし判例タイムズに書いてあるパターンは膨大ですし、素人レベルの知識では正しい数字を判定できるかどうか定かではありません。

より確実に正しい過失割合を確認するためには弁護士に相談しましょう。

交通事故に詳しい弁護士であれば、状況に応じた修正要素も加味して正しい過失割合を算定してくれます。

被害者が保険会社に主張しても聞き入れてもらえない場合でも、弁護士に示談交渉を依頼すると適正な過失割合をあてはめてもらえるケースが少なくありません。

自分で示談交渉をして過失割合に妥協すると大きく賠償金を減らされてしまうので、示談してしまう前に交通事故に詳しい弁護士に相談しましょう。

まとめ

ウサギ
衝突事故では過失割合が重要だって事が良くわかったよ。
過失割合に納得できない時には、弁護士に相談する必要があるんだね!
シカ
弁護士に依頼すると、適正な過失割合にしてもらう事が出来るだけではなく、弁護士基準で計算することができるから、慰謝料を増額可能になるんだ。
交通事故に遭ってしまった時には、できるだけ早く弁護士に相談して、サポートを受けるのがおすすめだよ!

衝突事故の過失割合は、状況によって大きく異なります。

少しでも疑問があるなら、まずは一度弁護士に相談して適正な過失割合を確認してみてください。

The following two tabs change content below.
福谷陽子

福谷陽子

元弁護士・ライター。
京都大学在学中に司法試験に合格し、弁護士として約10年間活動。うち7年間は独立開業して事務所の運営を行う。
実務においては交通事故案件を多数担当し、示談交渉のみならず訴訟案件も含め、多くの事件に関与し解決。
現在はライターとして、法律関係の記事を執筆している。

■ご覧のみなさまへのメッセージ:
交通事故に遭うと、今までのように仕事を続けられなくなったり相手の保険会社の言い分に納得できなかったりして、被害者の方はさまざまなストレスを抱えておられると思います。
そんなとき、助けになるのは正確な法律知識とサポートしてくれる専門家です。まずは交通事故の賠償金計算方法や示談交渉の流れなどの基本知識を身に付けて、相手と対等に交渉できるようになりましょう。
お一人で悩んでいるとどんどん精神的にも追い詰められてしまいます。専門家に話を聞いてもらうだけで楽になることも多いので、悩んでおられるなら一度弁護士に相談してみると良いと思いますよ。

慰謝料の増額が可能か無料診断

慰謝料の増額が可能か無料診断できます

現在交渉中、これから交渉する慰謝料が増額できるかどうかを無料診断しています。

また、ほとんどのケースで「弁護士特約」という保険が適用されますので、実際に弁護士を利用することになっても持ち出すお金はかからず、受け取る金額だけが増額されます。

まずは無料診断だけでも問い合わせしてみることをおすすめします。

交通事故トラブルに注力している弁護士事務所一覧(PR)

弁護士法人・響

弁護士法人響
  • 交通事故トラブルに強い関心を持っている
  • 24時間受付可能
  • 適正な賠償金かどうかを無料診断
  • 女性弁護士も在籍しており女性でも相談しやすい
  • 他の士業との強力なネットワーク
  • 即日対応可能
  • 全国展開

0120-540-053
【24時間無料受付中】

弁護士法人天音総合法律事務所

  • 交通事故示談の実績が豊富
  • 相談は何度でも無料
  • 24時間受付、全国対応
  • 弁護士費用は後払い

0120-553-025
【24時間無料受付中】

弁護士法人ステラ

  • 後遺障害の認定実績が豊富
  • 後払い、弁護士特約対応
  • 相談料無料
  • 24時間365日受付

0120-544-030
【24時間無料受付中】

-過失割合

【無料】交通事故の相談はこちら【弁護士法人響】

Copyright© 交通事故示談交渉の森 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.